合氣道と日本の歴史

合氣道は単に武道というにとどまらず、おそれながら日本の国柄そのものに深く結びついています。惟神之道 産毘の武なのです。表向きの体技技術はその一片に過ぎず、正しく身に着けるにはまず日本の歴史を十分に学び祖先の歩みを自らの歴史としておく必要があります。技術と心の修養が求められるのです。当会では会員には当然ながら、特に子供達への日本の歴史教育を重視しています。各所に記載している通り、自分の生まれた国を誇らしく思えなければその国は滅びてしまいます。国民が全員自分の私利私欲のままに生きて国を顧みなければ、その国は存在する意味すら失います。日本という国がなければ合氣道も生まれず、今後も日本の歩みと共にあるのが合氣道なのです。

本頁では限られた体技稽古時間の中で行う当会の学習講座教材の一部を公開します。多くの古典的典籍、現代書籍から教育に特に必要な個所を引用しながら、当会が受継ぐ合氣道教程を少しだけ交えて紹介します。なお、表向きの史実を時代順に追うのは本項の目的ではありません。特に大切な事績・事物を搔い摘んで示していきます。一般によく知られたことが多いのですが、ここであらためて合氣道とのつながりとしてみてほしい事柄です。

 

十七條憲法古事記 神つ巻序教育勅語五箇条の御誓文更新中

皇紀1264年(推古12年/西暦604年)に聖徳太子によりまとめられました。今の時代にも通じる人が生きていく規矩が簡潔明寮に示されています。この時代にすでに存在していたことに誇らしい気持ちになります。

➤十七條憲法

日本最古の歴史書です。皇紀1372年(和銅5年/西暦712年)完成。全三巻で現在は写本が残るのみですが、八世紀始めの日本人にとって普通であった(時代が近い)神の物語を始め、神武天皇(神倭伊波礼毘古命)から推古天皇の時代までの歴史が非常に公平に記述された、日本書紀と並んで大切な書です。物語のはじめともとらえることができます。日本書紀は古い漢文で書かれていますが、古事記は万葉仮名で記述され当時の日本語の音が今とそう変わらないことも古事記から分かります。本項で示すのはほんの序文です。学校教育では殆ど取り上げないのでよく知らない人も多いと思います。興味を抱いて自ら入手し読み進める人が増えると本項で取り上げた意義があります。

➤古事記神つ巻の序

 

皇紀2550年(明治23年/西暦1890年)に発布された。日本大変革の時代、明治維新のとき、明治憲法と共に明治を代表する教育に関する詔ともいえます。明治天皇のお言葉をもって上も下も協力して国難にあたるための大切な道筋を切々と説かれています。

➤教育勅語

 

皇紀2528年(明治元年/西暦1868年)明治への改元と同時期に発布されました。公正公明な姿勢がよく伝わる素晴らしい文だと思います。

➤五箇条の御誓文

少しづつですが、今後更新・追加していきます。

 

-武産合氣會-

 

➡ 武産合氣會とは

➡ 当会の特徴

➡ 合気道 の技

➡ 子ども合気道

➡ 入会するには

.