合氣道の話 つれづれ

合氣道といろいろ

「管理者の思いを徒然なるままに」

ここに掲載するのはFacebookに投稿する気楽なお話です。合氣道を中心にした武道武術その周りのことが多いですが、そのほかのこと、関心の深いサイエンス・テクノロジーのこと、歴史のこと、などいろいろです。過去の出来事や稽古のコツ、心がけなどまじめな話もしますが、具にもつかぬことも。見苦しいですが宣伝や自慢話もあります。自己満足で書いているので何の配慮もありませんが、こんなのでよかったら期待しないで読んでください。 じつは観られることは考えておらず、リラックスして気まぐれに書くことだけが目的ですので、全然更新しないことも多く、そうかと思うと急に書き綴ることもあったり、色々です。


29/07/21

武産合氣會合気道体術抑え極めまだまだ拙いですがマスクで余計に暑くなかなか、集中力が続かないようで。日本だけじゃなく世界中を侵し蝕む武漢熱め。全くいつまで祟るのか。#合気道 #武産合氣會#体術 #武道 #武術 #極め ... See MoreSee Less

27/07/21

萬葉歌百選-武産合氣會-<四>海神の 豊旗雲に 入日さし 今夜の月夜 さやけくありこそ読み)わたつみの とよはたくもに いりひさし こよひのつくよ さやけくありこそ意訳)おお、海神のたなびかす豊旗雲に今しも入日がさしている、今宵の月夜はまさしくさわやかであるぞ。(天智天皇の歌ともされる/ 舟航の安全のさわやかさを予祝した歌。海神のたなびかす霊的な雲にさす夕日は、その兆しであった。)※豊旗雲:旗のように横にたなびく雲。「旗」はのぼりの類。「豊」は呪的なほめ詞。---------/武産合氣會 ... See MoreSee Less

21/07/21

萬葉歌百選-武産合氣會-<三>香具山は 畝傍を愛しと 耳成と 相争ひき 神代より かくにあるらし いにしへも しかにあれこそ うつせみも 妻を 争ふらしき読み)かぐやまは うねびををしと みみなしと あひあらそひき かむよより かくにあるらし いにしへも しかにあれこそ うつせみも つまを あらそふらしき意訳)香具山はかわいい畝傍山を奪われまいとして、耳成山と争った。神代からこうであるらしい。昔もそうであったからこそ、今の世の人も妻を取り合って争うらしい。(第38代 天智天皇の歌ともされる/ 奈良の香具、耳成は男山、畝傍は女山とされ、二つの男山が一つの女山を争った神代の伝説を背景にしている。天智天皇が弟君の大海人皇子と額田王を争ったことを嘆いている。今も昔も変わらぬ人の世の営みそして業を感じる歌である。後の世からみて天皇の恥ともとれる歌を残すところに萬葉世界の広がりと大らかさが偲ばれる。)※天智天皇:大化の改心の主人公、中大兄皇子その人---------/武産合氣會 ... See MoreSee Less

10/07/21

武産合氣會合気道体術 両手取り抜き抜き導導はいはい#合気道 #体術 #両手取り #子供 #天地 #武産合気 ... See MoreSee Less

09/07/21

萬葉歌百選-武産合氣會-二、熟田津に 船乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな読み)にきたつに ふなのりせむと つきまてば しほもかなひぬ いまはこぎいでな意訳)熟田津で、船出をしようと月の出るのを待っていると、月も出、潮の具合も良くなった。さあ、いまこそは漕ぎ出そう。(第37代斉明天皇の世/額田王が天皇に代わって詠んだ歌。朝鮮半島の百済救援に赴くため、斉明天皇の一行が、伊予の熟田津から船出する時、船団出航を宣言した歌。当時の東アジアにおける国際情勢の一端が垣間見える。)※斉明天皇:第35代皇極天皇と同じ。皇極帝が重祚して斉明天皇となる。舒明天皇の皇后で、天智天皇・間人皇女・天武天皇の母。推古天皇から一代おいて即位した女帝。---------/武産合氣會 ... See MoreSee Less

02/07/21

萬葉歌百選-武産合氣會-一、大和には 群山あれど とりよろふ 天の香具山 登り立ち 国見をすれば 国原は 煙立ち立つ 海原は 鷗立ち立つ うまし国ぞ 蜻蛉島 大和の国は読み)やまとには むらやまあれど とりよろふ あめのかぐやま のぼりたち くにみをすれば くにはらは けぶりたちたつ うなばらは かまめたちたつ うましくにぞ あきづしま やまとのくには意訳)大和にはたくさん山があるけれど、なかでもとりわけ立派な天の香具山よ。この山の上に立って国見をすると、国原には煙が盛んに立ち上っている。海原にはカモメが盛んに飛び交っている。本当に立派な国だ。このあきづしま大和の国は。(第34代舒明天皇の時代/天皇のしらす大和の国は生気に満ちていて、さらなる繫栄を願う歌)※舒明天皇:天智・天武両帝の父---------おおむね週一のペースで当会が心に刻む歌を万葉集全二十巻四千五百余首から畏れながら慎重に選出して紹介します。合気道では開祖植芝盛平翁の道歌がよく紹介されますが、開祖の謳われた和歌がまだ成立する前、或いは黎明期、少なくとも百数十年間に歌われた天皇から庶民の歌を集めた万葉集がその基盤といえます。原典は万葉仮名で記述されていますが、新潮や岩波の古典集読み下し文を参考に古代の言葉をできるだけ残しつつ読みやすくしています。/武産合氣會 ... See MoreSee Less

20/06/21

武産合氣會合気道二刀技稽古二刀をやると剣と体術が繋がる当会の心技体一致の極意鍛錬組手なので真剣にやると腕が揚がらなくなる危ない・痛い・怖い ~😂フニャフニャかカチコチ、両極端の合氣体操から卒業したい人には特に二刀をお薦め。覚えるのはちょっと大変ながら、やる気があれば、そう女性でもそう時間もかからぬ内にガンガン打ち合いが出来るようになり、腰もすわってくる#合気道 #剣術 #合気剣 #二刀術 #合気二刀 #武産合気 ... See MoreSee Less

12/06/21

武産合氣會合気道合氣之剣佐武◯羅三級審査から長い組太刀が始まります。技には様々な状況に応じた駆け引きが多分に含まれ、正しく習い修めると、先人の努力と知恵を感じざるを得ません。そこからも自ずと我らが祖先への敬意、そして我が国への愛と誇りが生まれます。稽古の中で日本人として産まれたことに喜びと感謝の気持ちを育む。それが武産合氣會のやり方、流儀。#合気道 #日本 #合気剣 #組剣 ... See MoreSee Less

07/06/21

元々清潔な日本では、通常の感染対策を施せば武漢熱は問題ではありません。諸外国と日本の数値データを冷静に見ましょう。新聞・テレビなどの既存マスコミが科学を無視した煽り報道を続ける中、発生源を隠した武漢熱が変異した英国やインド株がなぜ日本で増えるのか。日本人の行動・経済活動に大きな制約を強いながら、外国人を優先入国させるのはなぜか。国民の血税を使って彼らをおもてなしするのはなぜか。日本でなぜ日本人ヘイトが許されるのか。 しかし良かったこともあります。誰が、何が日本の問題なのか、日本人の敵なのか、これまで多くの足跡や尻尾を出しながら気づかないお人好しの日本人を小馬鹿にしながら陰で策謀を続け、暗黒の民主党政権時に恐るべき法改正と立法により大きく勢力を伸ばした者達の存在。これらの日本人を貶め日本の血を吸い力を削ごうとする者達の存在を多くの人が認識できるようになったことは大きな進展ではないかと考えます。日本人を舐めるな。なぜ我国が世界で唯一、二千年以上の古い国たり得ているのか、世界の白人支配を終わらせたのは我々日本人。日本人は自らを律しながらも誇りを忘れてはいけない。 ... See MoreSee Less

05/06/21

武産合氣會合気道体術稽古突きから入り返して分かってきたら速さと重みを加えていきます。#合気道 #体術 #武産合気 #突き ... See MoreSee Less

 

 


※Facebookのページはこちら

 

 

 

― 武産合氣會 ―


➡ 表紙ページへ

➡ 武産合氣會とは