謹賀新年 令和四年 年始めの辞

令和四年 新年が明けました。おめでとうございます。

これからの一年だけではなく、今後の日本の復活、隆盛にとり肝となる嘗ての日本人の真の営みと自らの先人から受け継ぐ誠の力に気づいてもらえるよう、及ばずながら可能な限りの努力を重ねたいと思います。

趣味として、健康のため、体力造り、美容のため、強くなるため、武術への興味、護身術として、教育のために、・・・様々な理由で合氣道を始める人がいます。どのようなきっかけでも大丈夫です。機会はなんであれ、共に汗を流して行う稽古を経て自らの祖先から受け継ぐ誠の力を信じ、自分だけではなく家族、地域、そして社会のために為すべきことを為せる人を育てることが我々の本望です。貴方アナタ自身が幸せになることが家族のそして社会の幸福に繋がることならばそれも大切なことなのです。

重大な決意をもって始めるに越したことはありませんが、肩の力を抜いてもっと軽い気持ちで始めても或いは続けても大丈夫です。また、今技が進まなくて悩んでいても、歴史が示す通り、本人が諦めたときが本当の負けが決まるときであることを心の隅に置いて、飽かず諦めず当会での稽古に臨んでもらえたらと思っています。悩んだら指導者に相談するのが大切で、大仰な講話拝聴ではなく軽い会話によってあっさり解決することもよくあります。また、しばらく休んでみると新たな気持ちで再開できることもあります。あまり長く休むと復帰が難しくなりますが、常に前向きに山谷を乗り越えていってもらいたい。
 避けて通れない、外せない中核や反復が必須な部分はあるものの、マンネリ講義のように決まったことを年中否応なく押し付け、型にはめるのではなく、限界はあるものの指導者は打てば響く小槌のようなものであらねばならないと思っています。

表面上の向き不向きは確かにあります。多分に漏れず、力が強い、体力がある、体格が良い、動きが素早い、のみこみが早いなど、天賦の才、天性の感とも云える能力は当初は有利に働くでしょう。しかし、最も大切なのは祖先から受け継ぐ日本人の誠の血流とそれを心身に宿した己を諦めないということです。はじめから自信のある人や自意識過剰を含めて能力のある人は、なにも苦労して武道武術を修める必要はなく、実際にこれらの人はある程度で慢心しその先を知らずに終わることが多いのはなにも合氣道だけの話ではありません。兎と亀の寓話はまさに真也といえるでしょう。自らの欠点を意識し、恐れることなくそこに正面から向き合える人、目的意識が高く求道精神の強い人が何事も為せる人であるのは、むしろ常識として覚えておくべきことでしょう。

当会の合氣道では一般の合気道のイメージと違って継承する武器技が多いことをお知らせしていますが、その内容については殆ど出していません。体術もそうですが演武などで一般に対して稀に披露する技術は極めて限定しています。会員となっても段階を踏まねば、中伝(凡そ参段から)、奥伝は全く接することがありません。殊武術に関しては、最近ネット上でよく見かけるこれ見よがしの表面技術(のようなもの)の垂れ流しを真似るは愚。不特定多数の目に曝しているものは、仮にどれほど元が良かったとしても既に技術・武術とは言えません。昨年から当会でも始めた動画配信でも体技はあまり見せる予定はないのです。それは一つには「武道は見世物ではない」という開祖の御言葉を守っているからでもありますが、先人から受け継ぐ一つ一つの技術を粗末に扱わないことが、諦めてはいけないという思いに繋がるからに他ならないのです。

当会関連の道場は地域は限られますが複数あります。当会では少ない時は一人から始まり、二~三人、十人前後、数十人以上の道場もあり様々です。相手がいれば、術の稽古は体術、武器ともに大いに行えます。しかし冷静に考えると分かりますが人数は少ないほど内容が濃くなり深く進みます。多寡に関わらずいつでもどこでもそれなりの稽古ができるのが我が惟神合氣道です。思えば、確かに中核となる技の感覚とその磨き方を学んだのは師匠との一対一の稽古の場でした。それが未だに続く武道遍歴の中核を成しています。

人が多かろうと少なかろうと、又幾ら巧みな武術を頭で覚えようとも胆力がなければ無に帰します。術を覚えることと胆力から発する勇気は別次元のもの。合氣は胆力を氣の結び(産毘)で漸次涵養カンヨウ増進するもの。そして氣の稽古(氣を練る)は一対一の指導を受け一人でしか行えず、月の満ち欠けの如く一様に進むわけでもありません。我が身も未だ途上にあるように、長い時間がかかるか、あるときふっと腑に落ちるか、どちらにせよやっていなければ養えるはずもありません。特に氣の興オコシは人を頼む心があっては不可能です。云わば独りの時ほど氣を練り芯が磨かれる、その時合氣の武器技を鍛錬しておくこと、並びに日本人なら必ずあるはずの清心と誠を貫く心が要カナメとなるのです。上質の清酒は日本でしか造れぬ事実に通じます。すべての人がそのように行えるとは限りませんが、一人でも多くの日本人が先人の歴史に思いを馳せながら体技を学び、苦労を重ね、体術、武器技共に奥伝に至るよう導かれることを願ってやみません。

チャイナ発の武漢熱に世界中が振り回されて二年あまり、日本での被害は他国に比べればはるかに軽微であったとはいえ、この人災ともいえる感染症が無ければまだお元気だった方々、それが原因で命を縮められてしまった方々のご冥福を祈ると共に、我々自身がこの経験を忘れず、今後も備えなければなりません。この災厄から我々はさらに多くのことを学びました。これまでも今後もチャイナ発の災厄によって世界中が汚染され続けるだろうということ。感染症が兵器に成り得るということ。大東亜戦争敗戦後、さらにはこの三十年の停滞の時代に日本は哀しいかな喉首を外国に握られた状態に陥ってしまっているんだということを。まずはあらためて正面から皆で考えれる社会にならねばならぬと。

常に他国から秩序・規則の変更(ゲームチェンジ)を強いられ、利用され、草莽にある国民の努力の賜物である知識や富を外国に吸い取られてきた日本が復活を遂げ己の足で歩けるようになる道筋の第一歩は、まさに国民一人一人が歴史の真実に気づき、己が置かれた場で為すべきことを為せるようになることです。
 飛躍でもなんでもなく、我々の正しい合氣への取り組みにおいて、当たり前に障害を乗り越えていく推進力は己の自己満足のためだけではなく、大家族たる日本国のためであらねばならないと思えるのです。

日本書紀によると今年は初代天皇 神武天皇ジンムテンノウ(神日本磐余彦尊カムヤマトイワレビコノミコト)が大和の橿原之宮カシハラノミヤにて即位されてから凡そ2682年目になります。

 

皇紀2682年 令和四年 壬寅ミズノエトラ 元旦

惟神合氣道 武産合氣會 崎川


/武産合氣會

合氣道と日本の歴史

 

 

 

当会公開動画を更新しました(8)

YouTubeに時折載せている当会動画の新作を公開しました。

「武産合氣會 合氣道の話(8)」 

今回も師範のお話のみですが、次回からは公開可の体技なども少し紹介する予定です。

以前の公開動画と重なる部分がありますが、ご了承下さい。

当会では日本に生まれたことに誇りをもつことと合氣道を修めることが同義となるよう導きます。

当会の動画ページ

YouTubeチャンネル

 

/武産合氣會


 

 

「合氣道 日本の歴史」を更新しました

早くも師走を迎えましたが、新年を前にして、予てから開示している当会の「合氣道と日本の歴史」書面を久し振りに更新しました。

いわゆる天皇の人間宣言とされている昭和21年元旦に発布された詔の内容です。じっくりと読んだことのある人はあまりいないと思いますが、この機会に敗戦後初の元旦を迎える我々の先達と心を一つにしようとされる昭和天皇の苦悩そして国民に向けられる慈愛の御心を感じて頂きたいと思います。

恐れながらこれを大御心おおみこころといいます。

昭和21年元旦の詔へ

文語調で記述されているので、文末にカナ入り文と口語訳文を併記しています。口語訳は本会が行いました。

 

/武産合氣會


 

 

武漢熱に怯えぬように

 東京2020+1オリンピックの前から、インド株(δ株と称す)が流行し武漢熱が再拡大しているように見えます。日本では第5波?でしょうか。チャイナの武漢に発した武漢熱ウィルスが様々に変異し、今やインドで変異したインド株が日本にも入ってきたわけですが、未だに入国規制がゆるい日本に入ってくるのは当然で、売国利権に繋がる者を除く一般の日本人に苦痛を強いながら外国人を優先したつけが回って来たわけです。或いは国家観の希薄な為政者に両者のバランスをとれる知恵も勇気もなかった結果といえるでしょう。

日本は医療、製薬、技術、人材全てにおいて大きな能力を持ちながら、悔しいことに各国に比べて何か有為な対策を実行できたわけでもありません。しかも眼前の利益と外国勢に侵された既存テレビや新聞等の旧来マスコミが一方的な切取り数字で煽り続けながらも、実際には他国に比べた被害数は僅かと云えます。

日本も新規感染者(低精度の検査陽性者)が増えたものの、下記の図(University of Oxford, Our World Data.orgより)に示すように重傷者死者数は非常に少ない現実にしっかり目を向けましょう。死に至る危険性の高い高齢者へのワクチン接種が驚異的なスピードで進んでおり、初めから少なかった日本での死者数はさらに目立ちません。毎年のインフルエンザウィルス感染者数が数百万~1千万人で関連死を含めて死者数が約1万人であることを考えれば、致死率が高い高齢者へのワクチン接種が進んだ日本では、一定の用心は必要ながら、過剰な移動制限や営業停止などの措置は不要であることが分かります。新規感染者数という曖昧な数字で右往左往する愚かさ。

水鳥の羽音に驚いて潰走を始めた平氏や月夜に響く梟の声に怯えて本当の敵に背中を見せながら逃げるかのような、過剰な規制は愚かであることに多くの人が気付くことが大切です。日本人が縮こまり逃げ腰になることで、喜ぶ者達の存在を忘れてはいけません。眦(まなじり)を正して現実を直視し、力強く活動・前進しましょう。そもそも我々の活動は受継ぐ日本の武道その精神によって日本人を強くするために続けているのです。我々が苦しみながらも覚醒し、戦にも強い祖先から受け継いだ本来の力を発揮すれば、今着々と進んでいる外国勢の侵透など簡単に跳ね除けることができるはずです。

各国における武漢熱起因の死者数(100万人あたりの死者数). チャイナは数字を隠すので記載されていない.

 

 


/武産合氣會

 

 

武産合氣會 合氣道における留意事項

当会大阪吹田道場では社会人を中心に子供から大人まで塾生を受け入れています。

当会の合氣道に興味のある人は以下を御理解の上で、体験稽古に申込下さい。

 

① 寡多に関わらず初めてのことに踏み込める勇気のある人(子)
― 武道とは ―
「武道は人数でやるものではありません。人の価値同様、むしろ少ない時、困難なときほど真価が問われます。」
② 周囲がどうあれ、当会が示す合氣道の神髄に理解があること
― 体験申込前に確認下さい ―
武産合氣會の思い
武産合氣會合氣道の特徴
武産合氣道とは
合氣道と日本の歴史

※合氣武道教育には辛抱が必要です。子供の場合は特に家族の御理解が不可欠になります。合氣道は殴る蹴るなど安易に結果を求めることはありません。互いに未来に向かって明るく生きようとするために必要なことを少しづつ、繰返し、厳しい壁も経験しながら、己と人を導くことに重きを置きます。
③ 日本人としてどこに出ても恥ずかしくない強い自信と他を思い遣る心を早くから育みたい人
― 当会の教育指導指針 ―

● 誇り高い日本人を育てるために古代から現代特に近現代の日本の歩みを正しく伝えます。
● 日本は大東亜戦争で320万人もの犠牲を払ってアジアでの白人支配を終わらせました。その原動力となった武士道の精神を伝えます。
● 世界で全く特異といえる清澄な空間を好む日本人の心を戦前の修身教育などを参考に伝えます。
● 腐臭を放っても生に拘る薔薇と潔さの象徴である桜の違いの分かる人を育てます。しかし決して儚くはない日本の力を示します。

④ 他の合氣道道場ではまず見られない多様な武器技と体術を子供のうちから習得し、体感と芯の強さを身に着けたい人
― 強くなるとは ―
「何のために暑い夏も寒い冬も厳しい朝も辛い稽古をするのか。それが自分のためなら真には至らない。・愛しい人のために・愛する祖国のために・人の世を平和にするために、そういう人にこそ身につけてほしい。いやそのための道具にしてほしいのが惟神合氣道です。」
⑤当会稽古の半分は武器技の習得(二刀を含む合氣之剣と合氣之杖)
― 遠回り ―
●体術と体技を養う武器技を積み重ね、より広く深い合氣の理解へと誘(いざな)うのが当会の稽古手法です。時間もかかります。
●合氣道が体術のみのイメージを持たれるようになったのは開祖入神後です。誤ったイメージが定着した原因は武器技を継げる人が極めて少なかったこと、二代目が武器技を嫌ったことにあります。
●当会は合氣の剣及び杖を伝えることのできる数少ない合氣道会派です。習得に時間と多大な労力を要すものの、剣と杖を体術と一体として伝える努力を続けています。体験稽古ではその内の剣か杖の基礎的な技を体験してもらいます。二刀については入会後になり、中級以上の技と同様に門外不出の技の多くは演武でも行わず、当会単独の場でのみ研鑽供与することに御留意下さい。
●さらに最近巷で増えた柔術と合氣道を混同した説明にも危惧を抱き、及ばずながら合氣道の真を伝えることに全精力を傾けています。
⑥ 子供たちの場合、当然その子それぞれの適正や好悪によりますが、概ね子供たちはいつも笑顔
― 子供たちには ―
「子供合氣は習得に時間がかかることに御家族の御理解と支援が必要ですが、ユル持ちで早々に受身をとらせて派手にみせる格好だけの運動はやらないので本当に投げれるようになった子は(大人も)剣や杖が綺麗に使えるようになることも加えて自信がつきます。
 先にも記したように覚えることが多く昇級審査(特に段位取得)はかなりシンドイので他の道場から来た子は審査を見るだけで怖気づいてしまうことも多いのですが、乗り越えるべきは乗越えて日本人として生まれたことに誇りと自信を深めつつ強く優しい日本を支える宝となってくれると期待して指導を続けています。」
⑦ 普段の稽古で覚えることが多く大変ながら続けば慣れるもの
― 健善美の日々 ―
「慣れれば巧みな体技・呼吸の習得を伴う適度な運動になり健全な社会生活の一助になります。」
⑧ 筋トレに汗を流す必要はありませんが、体力もやはり必要
― 基礎力 ―
「部分的に筋肉をつけると全体バランスが悪くなります。常日頃の節度のある食生活、暴飲暴食を避けバランスの伴う適度な運動、なるべく機械力を使わない自力を心掛けてください。特に足腰を使い鍛えることは全ての基盤になります。それと共に当会の合氣指導を受けてください。姿がその証明です。技や術を頭で覚えても使えない又は使える自信がない人が多いのは、正しい合氣環境下で時間のかかる基盤固めをやっていないからです。
 ネット上を含む巷(チマタ)には筋力も使わず、触れるだけで人を投げれるなどと吹聴し、弟子を派手に投げて観せる三文役者が多数存在しますが、それらは合氣道を貶める要因の一つになっています。そういう者に惑わされず、合氣は不断の努力の賜物に他ならぬことを覚悟して始める人、合氣道を生み出した日本人としての自覚を持つ人が増えることを願っています。」

 

体験会日程と予約はこちら

RESERVA予約システムから予約する

/武産合氣會/

【最近の武産合氣會】~insta写真集より~